ルートビアの作り方

ルートビアは、19世紀中頃にアメリカで開発された炭酸飲料です。名前に「ビア」、つまりビールと書かれているのは、もともとは2%程度のアルコールが含まれていたからで、ただ現在販売されているものにアルコールは含まれていません。

ルートビアは、その独特の風味で知られています。日本ではあまり飲む機会がありませんが、実は沖縄では非常にポピュラーな飲み物で、近所のスーパーでもルートビアを買うことができます。そんなルートビアの作り方について説明していきましょう。

ルートビアの材料

ルートビアの原材料の全てがわかっているわけではありませんが、主なものについてはルートビアを販売している沖縄のファストフードチェーン、A&Wが公開してます。それを見れば、あの独特の風味が幾つものハーブを組み合わせることで生み出されたことがわかります。

  • バニラエキス
  • リコリスの根
  • ナツメグ
  • アニス
  • シナモン
  • タチアオイ
  • カンゾウ
  • サッサフラス油
  • サルサパリラの根のエキス
  • スターフルーツ
  • カバの木のエキス
  • 桜の木のエキス

これら以外にも、多くのハーブ、スパイスを使用してルートビアは作られています。

ルートビアの作り方

上記の材料を煮詰め、味を調整し原液、シロップを作ります。そのシロップに炭酸を加えれば出来上がりです。細かい作り方はもちろん公開されていないので、もし作ってみたいという方は、自身でトライアンドエラーを繰り返すしかないようですね。

Leave a Comment