ビールの鮮度はいつまで?

ビールは発酵飲料であり、鮮度が命でもあります。最近では工場から直接輸送する出来立てビールのサービスを行っているメーカーも数多くあり、やはり出来立てのビールの味わい深さは格別であることが伺えます。

ビールの賞味期限

缶ビールの賞味期限は一般的に9か月ほどでしたが、最近では12か月に延長されているメーカーのビールもよく見かけます。品質を安定して届けることのできる大手メーカー以外の地ビールやクラフトビールはそこまで鮮度を保つことができないため、賞味期限は100日以内のものがほとんどです。出来立てが一番美味しいのは間違いないですが、密封された状態であればビールの品質は高いまま維持されているので、市販のものでも十分に味わい深いです。

賞味期限について

賞味期限はその味と品質を保証している期間です。そのため日にちが近い、1日2日過ぎてしまったからといって品質が大きく低下しているわけではありません。賞味期限が近いものには抵抗があるというかたは、ビールを料理に使ってみるのはいかがでしょう?また、ビールに含まれるビタミンEには抗菌・除菌作用があり、キッチン周りの油汚れを綺麗に落とすことができます。霧吹きに入れて油汚れ用に使うこともできます。

Leave a Comment